味の素冷凍食品「ザ★チャーハン」|小栗旬|食えますはアリか

スポンサーリンク
41点~50点

【出演】

  • 小栗 旬(おぐり しゅん)
  • 木﨑 ゆりあ(きざき ゆりあ)

【評価】

  • 総合点:50点
  • CMで「食えます」はどうかと思う度:80点
【CM】味の素 ザ・チャーハン
スポンサーリンク

味の素冷凍食品「ザ★チャーハン」の情報

味の素冷凍食品の「焦がしにんにくのマー油と葱油が香るザ★チャーハン」のCMです。

にんにくを利かせた味も、600gという大容量もこれまでの冷凍チャーハンとは一線を画しています。

それがウケて、2015年の発売から現在まで大ヒット商品となっています。

 

CMに出演しているのは俳優の小栗旬さん。

味の素の関係のCMには10年以上前から出演しています。

味の素の和風だし、ほんだしでは女優の杉咲花さんと兄妹役で出演しています。

ちなみにこのCMでも分かりますが、小栗旬さんは左利きのようですね。

こういった食事の場面は、左利きでも右利きに矯正して演出することも多いのですが、時代は変わってきたということでしょう。

 

さて、もうひとりカウンターに座ってチャーハンを食べているのは木﨑ゆりあさん。

今回のCMでは小栗旬さんの妹役です。

 

ん・・・?先ほど杉咲花さんが妹役とご紹介したばかりですが、何人妹がいるんでしょうか。

 

さて、木﨑ゆりあさんは元AKB48、SKE48所属のアイドル。

現在は女優として活躍していらっしゃいます。

味の素冷凍食品「ザ★チャーハン」の内容、セリフ

舞台は街の中華料理屋さん。

カウンター席に小栗旬さんと、妹役の木﨑ゆりあさんが座っています。

そして、出来上がったチャーハンを受け取ります。

 

小栗(とうとう妹も知ってしまった・・・)

小栗(俺がこよなく愛するこのチャーハン)

小栗(焦がしにんにくのマー油に焦がしネギ油)

小栗(この火力、その鍋振りの成せるパラパラ加減)

小栗(家では決して出せないこの店のこの味)

ここまですべて小栗旬さんの心の声です。

 

すると、妹がこの心の声を聞いていたかのように

木﨑「こりゃ家じゃ無理だわ」

このひとりごとに、料理人のおじさんもチラっとこちらを見ます。

 

それに対し、小栗旬さんの心の声は続きます。

小栗(当たり前だ、これが家で食えたなら・・・)

 

すると、画面全面に「ザ・チャーハン」のパッケージがドーンと表示され

「食えます!」とややかぶせ気味な女性のナレーション。

ナレーションはそのまま続きます。

「味の素冷凍食品のザ・チャーハン、ザ・チャーハン」

チャーハンのパッケージが一段と大きく表示されます。

 

そして、小栗旬さんと木﨑ゆりあさんが、シンクロするように右手で水を飲みます。

それを見ていた料理人のおじさんに、👍のジェスチャーを出して、その仕事を称賛します。

 

最後は「フレッシュフローズン、味の素」というサウンドロゴが出てCMは終了です。

食えます、というセリフが気になるのは古い人間だからか

こういった活気のある街の中華料理屋さんのチャーハンって、たいがい美味しいですよね。

その中華料理屋さんのチャーハンをイメージして、この冷凍食品をアピールするのはなかなか訴求力があるかと思います。

 

家で作ってみても、こういった街の中華料理屋さんのようなチャーハンは作れないのが現状。

そこに対して、この冷凍食品「ザ★チャーハン」なら夢をかなえてあげます、といった感じです。

視聴者には単純に「おいしそう」という印象を与えることができるでしょう。

 

そこでちょっと気になるのは、小栗旬さんが「これが家で食えたなら」と心の中で思ったことに対して、味の素側であるナレーションが「食えます!」と力強く答えているシーン。

 

ニュースのアナウンスと違い、CMなので別に問題はないのでしょうが、「食えます!」はあまりきれいな言葉とは言えません。

一連の役者さんの話のやりとり、会話の中での「食える」というのはあまり不自然には感じませんが、商品説明のナレーションで「食えます!」は品の無さが目立ちます。

 

はじめて聞いたときは、言葉のインパクトに少し驚いてしまいました。

いや、あえて雑だけどインパクトのあるセリフを使うことで、印象を強くしているのでしょうか。

 

あまり固いことを言うなよ、と言われてしまいそうですが、CMで汚い言葉は使ってほしくないものです。

コメント