酔わないウメッシュ「酔わないけれど篇」|餃子の女性の嫌いなシーン

スポンサーリンク
41点~50点

【出演】

  • 岡本 夏美(おかもと なつみ)

【評価】

  • 総合点:50点
  • 店員さんにも丁寧に話しかけたほうが印象がいい度:75点
酔わないウメッシュ「酔わないけれど篇」
スポンサーリンク

チョーヤ 酔わないウメッシュ「酔わないけれど篇」の情報

チョーヤの酔わないウメッシュのCMです。

酔わないウメッシュは、イメージキャラクターを使い、これまで若い女性を起用しています。

これまでの歴代イメージガールは以下の通り。

  • 初代イメージキャラクター:北乃きい
  • 2代目イメージキャラクター:高畑充希
  • 3代目イメージキャラクター:相楽樹

 

ということで、このCMに出演している女性は、4代目イメージキャラクターということになりますね。

 

見事、チョーヤ酔わないウメッシュの4代目イメージキャラクターに選ばれ、CMに出演しているのは岡本夏美さん。

岡本夏美さんは、1998年7月1日生まれ、このCM放送時点で20歳です。

酔わないウメッシュがノンアルコールと言えども、やっぱり出演者は20歳以上じゃないとクレームが来そうですよね。

といっても、20歳になったばかりのようですが。

まあ、10代と、20歳になったばかりでは全然違います。

 

さて、岡本夏美さんは小中学生の女の子向けファッション雑誌「ラブベリー」でモデル活動をはじめ、現在はドラマやCM等で活躍する女優さんでもあります。

笑顔がとても印象的です。

チョーヤ 酔わないウメッシュ「酔わないけれど篇」の内容

「CHOYA」のサウンドロゴからCMがはじまります。

 

大きく口を開けて餃子を食べる岡本夏美さん。

餃子を食べた後は、酔わないウメッシュを飲みます。

『酔わないけれど、梅酒の味』と、岡本夏美さんのナレーションがバックに入ります。

 

中華料理屋で女子会でしょうか。

友達とテーブルを囲みながら

岡本夏美「おいっし~」

他の人もいる店内で、なかなか豪快なリアクションです。

 

再び餃子をタレにつけてほおばり、また酔わないウメッシュをごくり。

ナレーションも再び『酔わないけれど、梅酒の味』

 

みたび酔わないウメッシュを口にして

岡本夏美「はぁ~」

とっても幸せそうです。

本人ナレーションの『酔わないけれど』

に合わせて

岡本夏美「たまんない」

カメラ目線でとびっきりの笑顔です。

 

『アガる、ノンアル、チョーヤ、酔わないウメッシュ』のナレーションの後

岡本夏美「餃子追加!」

岡本夏美さんが、勢いの良い追加注文をして終了です。

店員にタメ語はどうかと思う

若くてかわいい女性が幸せそうに食べて飲む姿はいいんです。

いいんですが、ひとつ気になることが。

 

別に、レストランでテンション上がりすぎてヤバい人に見えるのは、CMの演出ということでいいでしょう。

しかし、店員さんに「餃子追加!」は、あまりお行儀がよろしくないのではないのでしょうか。

”お客様は神様”よろしく、店員さんに「餃子追加!」はいかがなものかという感じです。

 

そこは、「すみません、注文いいですか。餃子1人前追加でお願いします。」でしょう。

そこまで丁寧でなくても、「すいませーん、餃子1人前お願いしまーす!」くらいなものでしょうか。

あまり好きではないシーンです。

 

勢いとテンション重視のCMとは言え、もうちょっと丁寧に言ったほうが、印象が良くなると思います。

 

こんなこと指摘するのって、おじさん、おばさんですかね?

コメント

  1. 名無しさん より:

    このCMを初めて見た時から上記の通りの違和感と不快感がありました。
    とても可愛いお嬢さんなのですが、やはり言葉遣いは大事です。
    CMを作る方達が言葉を端折る世代なのでしょうか?
    「餃子追加お願いします!」と何故言わせられないのか?
    梅酒の味でつい酔っぱらったオヤジみたいに注文してしまうという表現?

    結局該当部分「餃子追加!」は再放映に合わせてカットされましたね。
    消費者からの苦情~スポンサーのダメ出しということでしょうね。

    • cmreviewer より:

      名無しさん
      コメントありがとうございます。

      お上品にCMをつくれとは言いませんが、公共の電波に乗るものですからね。
      商品のイメージも左右するので、気をつかったほうが良いかと思います。