江口洋介 大正製薬 パブロンメディカル CM「裁判」篇

スポンサーリンク
31点~40点

【出演】

  • 江口洋介

【評価】

  • 総合点:35点
  • 風邪の症状を前面に出されると不快度:70点
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
スポンサーリンク

江口洋介 パブロンメディカル CM「裁判」篇のレビュー

江口洋介さん主演の大正製薬風邪薬のCMです。

江口洋介さんが裁判官。

そして、弁護士、証人、検察ともに風邪気味、というかあからさまに風邪をひいています。

そんな中で開廷した裁判、いったいどうなるのでしょうか。

江口洋介 パブロンメディカル CM「裁判」篇のストーリー

裁判の流れは以下のようになっています。

江口洋介(裁判官)「これより証人尋問を始めます」

鼻をすすった証人が出廷。

弁護士「証人にお尋ねします」「犯行当日あなたはどこで」(咳をしながら)

証人「その日は、友達と二人で」(鼻をすすりながら)

江口洋介さんが、「使います?」とティッシュを差し出します。

検事「それを証明できる人はいますか?」(喉を抑えながら)

弁護士、証人、検事が中央に集まって、風邪の症状発症大会状態です。

江口洋介(裁判官)「大丈夫か?この人たち」

容疑者「大丈夫じゃないです」

そして、パブロンメディカルの紹介で、せき、はな、のどにそれぞれ効くようです。

いくらそういう設定でも不快

会社や学校で、せき、のど、はなを気にしている人がいたら、心配する気持ちもありますが、

正直、早く自宅に帰って安静にしてくれ(うつさないでくれ)という気持ちもあります。(性格悪いですね)

しかし、このCMでは、それぞれの症状を思いっきり出しながら裁判に臨んでいます。

もし自分がそこに裁判官、裁判所書記官、傍聴人等関係者だったらイヤすぎます。

もちろん、そういう演出(パブロンメディカルはそういう症状に効く)だっていうことは分かっていますが、やはり風邪をひいている人を目にするには不愉快です。

ゴホゴホやズズー、ンンという症状は、軽くならいいけど、ここまで強調されていると行き過ぎな気がします。

なんか、画面からウイルスが飛んできそう。

それぞれの症状のショートバージョンもあります。

8秒のCMです。どこで使うんでしょうか。

YouTube上で?

○○の風邪に判決!ということで、判決が出ると治るようです。

YouTube
Share your videos with friends, family, and the world
YouTube
Share your videos with friends, family, and the world
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

もうちょっと聞き苦しくないようにしてもらいたいものです。

コメント