石原さとみ 花王 フレアフレグランスCM こころに花咲く

スポンサーリンク

【出演】

  • 石原さとみ

【曲】

  • 中島美嘉「A or B」

【評価】

  • 総合点:35点
  • 香り(におい)振りまきすぎ度:75点

スポンサーリンク

石原さとみ 花王 フレアフレグランスCM こころに花咲くのレビュー

ここ数年、柔軟剤とは名ばかりで、香りをつけるのが目的となった柔軟剤が多数発売されています。

そんな中、香りというか匂いがつきすぎた柔軟剤で気分が悪くなる「香害」なんて言葉も生まれました。

このフレアフレグランスのCMでは、「香害」なんてなんのその、もっと香りを周りに振りまけ!という強いメッセージを感じます。

人のことなんて考えるな、自分さえ満足すればよいということでしょうか。

一応、最後に「香りの感じ方は個人差があります。周囲の方にご配慮のうえお使いください」

と書いてありますが、じゃあそれまでの宣伝内容はどうなのという感じです。

石原さとみ 花王 フレアフレグランスCM こころに花咲くのストーリー

オシャレなオフィスの会議中、行き詰っているのか、石原さとみさんが遅刻しているのでみんなイラついているのか、とにかくみんな「うーん」といった顔です。

そこに「お待たせ~」と石原さとみさんが入ってきて、座ります。

すると、石原さとみさんの服から、フレアフレグランスの素敵な香りが、向かって右隣りの女性に届きます。

その女性は、香りに勇気づけられ、「私からいいですか」と発言をし、そこから会議が活性化します。

次のシーンに移り、また別の女性が上司に「もう1回やり直して」と怒られてしまいます。

自分のデスクに戻り、落ち込んでいると、隣のデスクの先輩である石原さとみさんが

「大丈夫だから」と寄り添います。

すると、またフレアフレグランスの香りが舞い、落ち込んでいた女性を勇気づけます。

オフィス中に香りが広がり、「香りがみんなを笑顔にする」そうです。

最後は、石原さとみ教授の総回診のごとく、後輩・同僚たちを従えて、香りを振りまきながらの行進です。

このCMを真に受ける人がいないことを祈る

このCMだけ見ると、素敵な香りが人々を勇気づけているという感じですが、実際そんなことあるでしょうか。

実は自身もフレアフレグランスを使用していますが、まあ良い香りはしますが、別に普通です。

このCMの注意書きにあるように「香りの感じ方は個人差があります。周囲の方にご配慮のうえお使いください」です。

私も石原さとみさんみたいに!と思って、たっぷりフレアフレグランスを使うと、それはもはや香害で、職場のモチベーションも大きく下がるでしょう。

一方、注意書きにそんなことを書いておきながら、人を励ますかの如く、香りを表現するこのCMは、けっこう悪質です。

このCMを真に受けて、私っていい香りで人の役に立っているなんてけっして思わないようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です