井川遥 アサヒ ディアナチュラ CM 「たべるはなんだ」篇

スポンサーリンク
食品

【出演】

  • 井川遥
  • 竹野谷咲(たけのやさき)←子役、女の子

【評価】

  • 総合点:45点
  • 歌で頭がおかしくなりそう度:65点
YouTube
スポンサーリンク

井川遥 アサヒ ディアナチュラ CM 「たべるはなんだ」篇のレビュー

アサヒのサプリ”ディアナチュラ”のサウンドロゴでおなじみの、アサヒのサプリメントシリーズのCMです。

井川遥さんと竹野谷咲さんが歌に合わせて、ふたりで連携した踊りを踊っています。

「食べるはなんだ」、というテーマの歌ですが、JAのCMではなく、サプリメントのCMということが、時代の流れを感じます。

歌の通り、食べていればサプリは必要ないはずなんですけどね。

井川遥 アサヒ ディアナチュラ CM 「たべるはなんだ」篇の内容

食べるはなんだを繰り返す歌詞の歌に合わせて、井川遥さんと竹野谷咲さんが踊ります。

竹野谷咲さんは、まだ5歳の子役ですが、一生懸命踊っている姿がかわいらしいです。

肝心の歌詞は以下の通りですね。

食べるはなんだなんだ食べるはなんだなんだ食べるはなんだ

お腹がグー(グー)、生きてるからグー(グー)

生きるために食べるのか(パク)、食べるために(パク)生きるのか

食べるはなんだなんだ食べるはなんだ、ぽんぽこぽん

アサヒのサプリディアナチュラ♪

「食べる」が6回、「なんだ」が8回登場の、連呼系の歌です。

こういった歌はクセになる人がいる一方で、嫌いという人も多いのではないでしょうか。

最後は、井川遥さんが、パクパクっとディアナチュラのボトルのふたを開けたり閉めたりする映像で終わりです。

このディアナチュラのCMの歌が正直・・・嫌い

自分は、前段の後者の人間です。

なんか、なんだなんだという歌詞を聴いていて、頭がおかしくなりそうです。

しかも途中で、「グー」や「パク」を入れてくるのも、女の子のほうはかわいいですが、井川遥さんがやるのはちょっと年齢的にきついかもしれません。

あ、アラフォーであの容姿は十分きれいなのはもちろん分かってますけど、大人の振り付けとしてはどうなのかと。

最後、ななめになってとる変なポーズもよくわかりませんし。

メイキング映像もありますが、見る価値なし

この映像の続きで、メイキング映像と称した映像がありますが、ただ別角度から撮っているものを流しているだけです。

別に、裏側が分かるわけでもないので、見る価値はありません。

といっても、あっという間に終わるので、おいおい、と思うこともありませんけどね。

なんか、ドラマの逃げ恥から、こういう二人が絡むダンスパフォーマンスが増えているんですかね。

コメント