Google アプリ:こんな感じのお肉が食べたい 篇

スポンサーリンク
webサービス

【評価】

  • 総合点:20点
  • 肉肉うるさい度:90点
Google アプリ:こんな感じのお肉が食べたい 篇
スポンサーリンク

Google アプリ:こんな感じのお肉が食べたい 篇のレビュー

相変わらずのGoogleのCM、素人風の劇団員がしゃべるCMです。

今回は送別会のお店を探すOLの先輩と後輩といったところでしょうか。

特に今回は肉肉しいというワードを前面に推し出しています。

そんなに連呼されると、嫌いになっちゃいます。

Google アプリ:こんな感じのお肉が食べたい 篇の内容

声が聞こえてきますが、本人たちの映像は流れずに、Googleのロゴとスマホの画面が流れます。

先輩「送別会のお店どうする?」

後輩「肉肉しい料理食べたいですね」

先輩「肉肉しい・・・物理的にないね」

後輩「えー」

先輩「そしたらさ」

後輩「はい」

先輩「肉肉しい料理の店で検索してみる?」

後輩「アハッ、そんなん出ます?」

後輩「肉肉しい料理の店」・・・検索します

先輩「出てくるっていうね」(何故か得意げ。)

後輩「あ、ここいいかもしんない。」

先輩「ここいいね」

後輩「え、雰囲気も良くないですかここ」

先輩「いい、すごい良い」

先輩「あ、なんかすごい、うわ、がっつり肉」

後輩「がっつり肉」

後輩「肉肉しいですね」

先輩「肉肉しいね」

先輩「肉、肉肉、もう右見ても左見ても肉、い~な~」

後輩「おいしそ~」

今回のCMシリーズのコンセプト

「”こんな感じ”でお店探し by Google」

という文字が表示されて終了です。

演出された”素人”が台本を読んでるかと思うと・・・憎々しい。

ほかのCM、いい感じのカフェ篇も、他のGoogleのシリーズもそうですが

演出された素人が台本を読んでいる姿は、肉肉しいではなく憎々しいです。

なぜそんな風に感じるか。

やっぱり素人風に、自然に見せようとしている”演出”ではないのでしょうか。

自然の会話風に見せても、そこには台本があり、演じる人がいます。

それなのに追い求めているのは自然。

これぞ不自然です。

そしてその不自然が違和感に、ひいては不快感が出てくるんですよね~。

いい加減CMの方向性を変えてほしいです。

コメント